同人誌を作る際の原稿の作り方|大阪の同人誌印刷会社

同人誌についてのお問い合わせはこちら
同人誌・お問い合わせフォーム

原稿作成の手順

原稿作成TOP

▼原稿作成の手順

基本ルール

原稿作成

最終チェック

入稿の準備

▼対応ソフト

フォトショップ

イラストレーター

インデザイン

ワード

コミックスタジオ4.0

PDF

▼特殊原稿

箔押・空押原稿

カバー作成サイズ

変形本

便箋・ペーパー

▼見本

紙・色見本

箔見本

▼原稿テンプレート

原稿テンプレートダウンロード

▼その他

こんな原稿に注意

モアレってなに?

はじめての同人誌

成人向けジャンルの方へ

Navio

原稿作成について

原稿サイズについて

  • 下記の表でサイズをご確認ください。
    ※表紙原寸は見開き(表1と表4を1枚で作成したもの)サイズです。
    表1(表紙)と表4(裏表紙)を別々に作成される場合は本文サイズをご覧ください。
表紙原寸(+塗足5)単位=mm 本文原寸(+塗足5)単位=mm
文庫 210×148(220×158) 105×148(115×158)
新書 212×173(222×183) 106×173(116×183)
B6 256×182(266×192) 128×182(138×192)
A5 297×210(307×220) 148×210(158×220)
B5 364×257(374×267) 182×257(192×267)
A4 420×297(430×307) 210×297(220×307)
  • 塗り足しを上下左右に5mmずつ作っていただいている場合、本文40ページ程度でしたら特に背幅を作っていただく必要はございません。
    原稿テンプレートダウンロードはこちら
  • 背幅の計算方法は以下の通りです。 本文のページ数や本文用紙によって背幅が必要となる場合は上記のサイズに 背幅分を加算したサイズで作成ください。

【背幅計算】
本文用紙と本文ページ数を選択すると、背幅が自動で計算されます。

本文用紙 本文ページ数 背幅
ページ mm
本文ページ数÷20×使用する紙の厚さ(下記の表参照)=背幅(mm)
紙の名前 厚さ
書籍紙72.5kg 1
ナチュラル 1.2
上質90kg 1.3
コミックルンバ ・ 上質110kg 1.5
ルンバEX 1.7

例)表紙込み44ページの本を本文用紙コミックルンバで作成する場合
40÷20×1.5=3mm   背幅は3mmとなります
背幅が3mmでしたら、背文字等が入るデザインでなければ
特に背幅を作成されなくても 問題はございません。

推奨解像度について

フルカラー 350dpi
グレースケール 600dpi
モノクロ2階調 600dpi~1200dpi

推奨解像度以上の解像度でご入稿いただいても、データの容量が重くなるだけで 画像に反映されることはありません。また、元画像の解像度が初めから低い場合 低い解像度から高い解像度に設定を直しても画像には反映されませんのでご注意ください。

表紙データについて

  • 表紙は見開きで作成していただいても、表1と表4を分けて作成していただいても問題ございません。 見開きで作成される場合は、どちらが表になるのか間違われないようご注意ください。 (右綴じの場合、見開きの左側が表紙となります。左綴じの場合はその逆となります)
  • ファイル名は 「hyoushi」でも「表紙」でも結構です。表1と表4を別々に作成される場合は 「hyoushi1」「hyoushi4」など、どちらが表1・表4なのかわかるように名前をつけてください。

▼単色・多色刷りの原稿作成について

単色(1色)刷原稿 オフセット 黒100%(グレースケール、モノクロ2階調どちらでも可)でデータを作成していただき、発注書で刷色をご指示ください。
オンデマンド オンデマンドは「モノクロ(グレースケール、モノクロ2階調)」以外は全てフルカラーとなります。 例えば、オンデマンドで赤1色の表紙にしたい場合はデータ自体を赤色で作成してください。
多色(2色以上)刷原稿 オフセット 黒100%(グレースケール、モノクロ2階調どちらでも可)でデータを作成していただき、発注書で刷色をご指示ください。
原稿は「刷色ごとにファイルを分ける」「レイヤーで分ける」のどちらの方法で作成していただいても大丈夫です。 いずれの場合もファイル名・レイヤー名はどの色で刷るのかわかるように名前をつけてください。
オンデマンド オンデマンドは「モノクロ(グレースケール、モノクロ2階調)」以外は全てフルカラーとなります。 多色刷りのような表紙を希望される場合、ご自身でフルカラーで作成してください。

本文データとファイル名について

  • 異なるアプリケーションで作成したデータの混在も可能です。(word原稿とPhotoshop原稿など)
    ファイル名は必ず通しでつけてください。「前書き」「奥付」などをファイル名にはしないでください。
    例)03.psd 04-25.docx 26.psd
    ファイル名の例
  • 本文データのファイル名はページ数(本文中のノンブル)で設定してください。 本文のファイル名に本のタイトルを入れていただく必要はございません。
    例)本文中の3ページのpsdデータの場合⇒03.psd
    wordやInDesignのように1つのファイルに複数ページが保存されるものは「03-42」のように、そのファイルに含まれているページ範囲をファイル名としてください。
    例)3ページから26ページのpdfデータの場合⇒03-26.pdf
  • 見開きで作成されたデータも、ご入稿の際は1ページずつ分けた状態でご入稿ください。
  • 本文中のノンブルとファイル名の数字が一致しない場合、乱丁の原因となりますのでご注意ください。
    ファイル名の間違いにより乱丁となった場合、弊社では一切クレームは受付いたしません。
    データチェックは本文ノンブルとファイル名をチェックするためのものではありません。ファイル名が間違っていた場合でもこちらでは気がつかない場合もございますので、必ずご自身で確認してからご入稿をお願いいたします。

ノンブル(ページ番号)について

  • 本文原稿の場合、タチキリ位置より5ミリ以上内側にノンブルを入れてください。
  • ノンブルの大きさは、出力時に肉眼で見える程度の大きさで構いません。(6pt以上あれば問題ありません)
  • 隠しノンブルの場合、タチキリ線ギリギリに寄せるなどして、タチキリ外に出ないようにお願いします。
  • ノンブルの無いページは、出力見本の余白に目立つようにページ数を記載してください。
  • 隠しノンブルやノンブルの入ってない原稿についての乱丁・落丁クレームは受け付けません。

アナログ原稿について

  • アナログ原稿は弊社にてデータ化を行い、印刷します。トーンやセリフ等は、しっかりとはがれないように貼っていただくようお願いいたします。
  • データ原稿とアナログ原稿の混在も可能です。アナログとデータが混在する場合は原稿と一緒に 台割をつけてご入稿ください。

最終チェックへ

 
ロード中...