同人誌を印刷するのがもっともっと楽しくなる!同人誌の印刷について、印刷する紙の選び方、同人グッズの制作、入稿に関して、皆様が気になるあんなことやこんなこと!お役に立つコラムを更新します!

ほおぷちゃんコラム

同人誌を印刷するのがもっともっと楽しくなる!同人誌の印刷について、印刷する用紙の選び方、同人グッズの制作、入稿に関して、皆様が気になるあんなことやこんなこと!お役に立つコラムを更新します!!

同時人活動がしたい方へ!表紙の解像度について解説します!

2020.09.05

同時人活動がしたい方へ!表紙の解像度について解説します!

同人誌を作る際に、みなさんが気にするのは見栄えではないでしょうか。
特に表紙に力を入れる方もいらっしゃると思います。

そんな方は解像度を意識すると良いでしょう。
そこで今回は解像度について紹介します。
ぜひご覧ください。

□解像度とは何か

同人誌を印刷する際に、解像度という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
特に第一印象に関わる表紙には解像度は深く関わってきます。
解像度とはデジタル化した画像をどのくらい細かく表現されているかを表しています。

細かく表現されているとはどういうことなのでしょうか。
以下で詳しく見ていきましょう。

デジタル化された写真やイラストは1インチ(2.54センチメートル)でピクセル(ドット)が集まって可視化しています。
パソコンに取り込んだ写真をアップで見てみると、細かいドットで表現されていることが分かります。

このピクセルの数が多い画像は解像度が高くなり、鮮明でなめらかな画像になります。
一方、ピクセルの数が少ないほど、画像は粗くなるでしょう。
同人誌はイラストや漫画が多く、鮮明さは必要不可欠ですよね。
そのため、解像度の高さが求められます。

単位には主にdpiが使われることが多く、dot per inchの略で1インチ辺りのドット数という意味です。
例えば画像の解像度が72dpiの場合、その画像は1インチ辺り72個のドットで表現されていることになります。

□適切な解像度とは

それでは同人誌に適した解像度は一体どのくらいなのでしょうか。
フルカラーの印刷をする場合は350dpi、モノクロの印刷をする場合は600dpiから1200dpiが適していると言われています。
モノクロの場合は使用する色が少なく、解像度が低いと粗くなるでしょう。
そのため、解像度を高めに設定してなめらかさでカバーしています。

もっと解像度を上げればより鮮明な画像になるのではと思う方もいらっしゃると思います。
理論的には高解像度であればあるほど鮮やかになるでしょう。
しかし、解像度を上げすぎるとデータの処理速度が落ちる、データサイズが大きくなりすぎるなどの弊害が出るため、あまりおすすめできません。

印刷業者ごとに適切なdpiが記載されているため、印刷を依頼する前に確認することをおすすめします。

□まとめ

今回は同人誌の印刷をするにあたって大切な解像度について説明しました。
印刷方法や業者によって適切な解像度は変化するため、調べることが大切です。
同人誌を印刷したいと思っている方は、ぜひホープツーワンに一度お問い合せください。
理想の同人誌を作るお手伝いをさせていただきます。