ほおぷちゃんコラム

同人誌を印刷するのがもっともっと楽しくなる!同人誌の印刷について、印刷する紙の選び方、同人グッズの制作、入稿に関して、皆様が気になるあんなことやこんなこと!お役に立つコラムを更新します!

好奇心をくすぐる製本法!袋綴じ加工の魅力

2017.07.21

好奇心をくすぐる製本法!袋綴じ加工の魅力

 

コミックマーケットなどの同人イベントに出展者として参加したことがある方の中には、同人誌をあまり手に取ってもらえなかったという経験を持つ方も少なくありません。そのような経験を持つ方は、同人誌に加工を施して一工夫を加えてみることをおすすめします。一工夫を加えるだけで印象が大きく変わり、手に取ってもらえる数の増加につながることがあります。
同人誌の発注の際には、印刷所の製本加工サービスを利用することで時間を削減することができる他、仕上がりもきれいになります。
印刷所で提供している製本加工サービスは、多岐にわたっています。今回は、そのひとつである袋綴じ加工をご紹介します。袋綴じ加工を同人誌に施すことで、どのような効果があるのでしょうか。

袋綴じ加工とは

袋綴じ加工とは、本文の数ページ分を袋状にする製本加工技法です。消費者の好奇心をくすぐり売上部数を上げるために使われている加工で、主に、商業誌の貴重な情報が載っているページや、週刊誌のグラビアアイドルの写真のページなどで施されています。手作りでは実現が困難な加工であり、専門の機械で加工する必要があります。

製本面においては、袋綴じ加工を施したページのサイズは規格サイズよりも数ミリほど小さくなります。数ページを合わせてひとつの袋とする場合、袋の内側のページほどサイズが小さくなるため文字切れを起こさないよう注意が必要です。

袋綴じ加工の魅力

袋綴じ加工には、自サークルのブースを訪れたイベント参加者の購買意欲を高めさせる効果があります。例えば、ブースを訪れて同人誌を試し読みしている参加者に、袋綴じの中に描かれていることを知りたいという欲求を生じさせます。それと同時に、購入しなければ中身を見ることができないというジレンマを生じさせることで参加者の購入意欲を高めます。試し読みという手段を、最大限に利用した方法です。

上述のように、袋綴じ加工は参加者の購買意欲を高められるページに施すことが効果的です。例えば、話の中で最も面白さを読者に感じさせるページや、などに袋綴じ加工を施すことで、「話の続きを読みたい」という気持ちを高めさせて、購入に誘導させることが可能です。

袋綴じ加工を印刷所で施す場合の注意点

 

袋綴じを印刷所に依頼する場合には、データの何ページから何ページまでを袋綴じにするのか、発注書の備考欄に記入する必要があります。ページ数の範囲は、必ず4の倍数にする必要があります。袋綴じを施す部分は両面ページを2枚重ねることになるため、最低でも1袋に4ページ分のページ数が必要です。もしもこの記入を間違えてしまうと、印刷所によっては加工が施せないこともあるため注意が必要です。

ほとんどの印刷所では、袋綴じを施すページに使われている用紙の種類に対しては制限を設けていません。ただし、用紙には向き不向きがあるため事前に確認することが大切です。
ページのサイズに対しては、制限を設けている場合があります。印刷所によってはA5、もしくはB5程度の小さいサイズに対してのみ袋綴じ加工を取り扱っていることもあるため、印刷所に確認することが大切です。
無線綴じのみの対応というように、袋綴じの綴じ方の種類に制限を設けている印刷所もあります。場合によっては、自分が望んでいる綴じ方が施せないこともあるため注意が必要です。

袋綴じ加工は、参加者の購買意欲を向上させる魅力的な製本加工技法です。もしも袋綴じ加工を適切なページに施すことができれば、自サークルの同人誌が多くの方に購入される可能性が高くなります。手作りではできない加工であるため、印刷所のオプションとして利用しましょう。加工を印刷所に申し込む際には、申し込む印刷所の発注の決まりに従って申し込むことが大切です。