ほおぷちゃんコラム

同人誌を印刷するのがもっともっと楽しくなる!同人誌の印刷について、印刷する紙の選び方、同人グッズの制作、入稿に関して、皆様が気になるあんなことやこんなこと!お役に立つコラムを更新します!

ホープの真実 同人誌はこうして作られる① ―製版編ー

2017.08.17

ホープの真実 同人誌はこうして作られる① ―製版編ー

創業30有余年。
同人誌印刷所として、永い間皆様と共に歩んできたホープツーワンですが、デジタル化(特に入稿)の波と共に、お客様と触れあう機会がめっきり減ってしまいました。
webやTwitterなどは頻繁に更新をしていますが、もっと、私たちの生の声をお届けしたい!私たちを感じて欲しい!と考え、ほおぷちゃんコラムの場所を借りて「ホープの真実」と題して、私たちの日頃の活動をご紹介していきたいと思います。

製版室の真実

製版室の朝は早い。

PC、製版機の立ち上げから始まり、メールをチェック。
弊社専用のドラッグ&ドロップの入稿システムが始まって以来、かなり減りましたが、まだまだ外部アップロードサービスをご利用になる方もいらっしゃいますので、あらかじめのダウンロード作業は必須です。
そして、見積もりnaviからご発注いただいた印刷指示書に基づいて、そのご入稿データを各PCオペレーターが、PCのローカルフォルダに落として厳正に個別管理します。

ホープツーワンのスタッフ

確認、確認、そして確認

まずはデータ確認です。
表紙も本文もPhotoshopで画像解像度の確認をします。(Wordの本文は別プロセスになります)

SAIの普及で割と多いのが72dpiの画像だったりすることです。
解像度変更でなんとかなることはあまりないので皆さんご注意ください。

モアレ疑惑があるものは拡大して確認したりもします。

そして、表紙はIllustratorの台紙で面付け、本文はPhotoshopのスライドショーを利用してPDF化し、必要があればサイズをトリミングで調整、断ち切りのガイドを当てて文字切れをチェックします。
また、1枚1枚セリフ抜けがないか、ノンブルは合っているか、などの確認をします。

修正漏れもこの段階でチェックチェックです。(重要)
見本があれば見比べてレイアウトの崩れや化けがないかも確認します。

問題がなければIndesignの台紙にリンクしてリンクエラーが無いか確認し、問題がなければ製版機付属のPCにデータを流します。
ちなみにWordの場合はWordの各バージョンで開き、フォントの有無、サイズ、見開き設定などを確認してからPDFにして…以下同手順へ。

そして製版機から出力された版を見て最終チェックです。
モアレ、ゴミの様なものがあれば、元データまでさかのぼって再確認。
…と、念入りに、かつ細かく丁寧に、丁寧に、製版作業は進められていきます。

データに関してのご質問はお気軽に

チェック項目を全部並べるとかなり長くなってしまうので、ざっくりとした説明ではありましたが、いかがでしたでしょうか?
原稿作成に慣れない内は、いろいろデータ不備もあり再送をお願いすることもありますが、心配はご無用です。
どうすればいいか製版室オペレーターが親切丁寧にお伝えさせていただきます。

ご入稿前ならチャットやお問合せフォームTwitterのDMなど、お問合せの窓口に関しては他社よりも豊富にご用意しております。
データに関してのご質問は、何でもお気軽にお問合せくださいませ。